Type your search keyword, and press enter

また1歩前進!

カバー写真説明: 団体登録証明書(タイ語)

はい、これこれ、待ってたんです、本当に!
アークが、タイで公式な財団(非営利組織の1携帯)として登録されたという証明書。
弁護士さんから連絡をもらっても、今日実際触るまでは、半信半疑でした(笑)。
タイ政府公認の押印がされたところが、ちょっとがさがさになってる本物の証明書を触って、まずは一安心。
あー、これでとりあえず綱渡りがひと段落、という感じ。

でも、まだやらないといけないことが山ほどあるんだな。。。
例えば。。。

1.日本語と英語の名前:
新しい財団の名前は、タイ語でムラニティ・ノーンナンスー(มูลนิธิหนอนหนังสือ)といいます。
で、単純に、英語では、Bookworm Foundationにしようと思ってたんですが、
なななんと、アメリカに、The Bookworm Foundationという、やっぱり読書・教育関連の団体があることがわかっちゃって。。。
前もってググっておかなかった自分にがっくり。
日本語はそのまま「アークどこでも本読み隊」を使おうと思ってたんだけど、
いろいろ考えてると、全部変えたほうがいいような気もしてきて。。。
あああああああ!
となりそうなので、まずはしっくりくる名前を考えさないとです。

2.ロゴ:
ロゴも新しくしようっていうことで、
ドイツ人ボランティアのレアちゃんが全デザインしてくれたものを使うことにしました。

今まで使ってきたのがこれです。

写真説明: バスの上で2匹の芋虫が本を読んでいるロゴマーク

で、次に、レアちゃんのロゴがこちら。

写真説明: 開いた本の上に、地球儀が浮かんでいるロゴマーク。地球儀は、ユニコーンや足跡など、いろいろな絵柄がくみあわされてできている。

いろんな人に意見を聞いて、概ねポジティブなフィードバックをいただき、
「よし、これで決まり!」と思っていたのに。。。
この前、ウェブドメインをどうするか迷ってFacebookに投稿したら、
ついでに載せてたロゴを見た友人からストップがかかっちゃったんです。
「なんでこのタイミングに。。。」とちょっと泣きそうなんだけど、
彼女のビジュアルセンス、信頼できそうだし、指摘されたことにも一理ある。
なので、これもまた振り出しにもどって、今度の理事会で話し合うことになりました。
ふー。。。

3.会計士と弁護士
財団になったからには、決算報告もしないとだし、納税の義務もあります。
そういう仕事を引き受けてくれる会計士さんはたくさんいるんですが、
親身になってくれて、プラオからわりと近くに住んでいて、仕事ができて、
そして私たちが払える値段で引き受けてくれる人。。。
どうやって探そうかなー。。。

とまあ、まだまだ問題山積なんです。
でも、一つ言えることは、財団登録完了したってことは、してなかったときより1歩前進してるってこと(あたりまえか)。
目指すは、「誰が運営してもうまくいくシステムを作ること」なので、
未来の大人な団体に向かって引き続き邁進あるのみです!

プラオで気づいた大切なもの

アークでのボランティアを始めたのは、1年間チェンマイでの留学を終えた後でした。
チェンマイで勉強して、遊んでいるだけで、タイでしかできないことをしたいと思い始めてすぐ、その決定打になったのは、アークの代表である堀内さんの存在とプラオという田舎町でした。

 

人伝てでたまたまアークと堀内さんの存在を知り、まさに、こんなところに日本人?!という驚きが一番最初にありました。

プラオに位置するランマイ図書館は、地域に根ざし、居心地よく、誰でも快適に時を過ごすことができる居場所です。それは建物や環境は1つの小さな理由で、実は、心地よい雰囲気とそれを生み出しているスタッフの方々と子供たちの笑顔が、大半の理由でした。そしてそれは、柔らかいけどどこか力強い、堀内さんの人柄が作り出したものなんだと、初めてプラオを訪れた時に確信しました。

僕自身、地方で暮らしていた経験からか、プラオは居心地良く、町には元気なタイ語が飛び交い、僕のことを外国人だとわかるとすぐに簡単なタイ語や英語を話してくれました。そんな町の人の温かさに触れながら生活できることが嬉しく、プラオで暮らす決断に至りました。

 

図書館への道のりで見えるプラオの広大な景色

 

プラオに移ってからすぐ、チェンライに位置する山岳民族のアカ族の方々が暮らすウィアンパパオ郡シップラン村に1週間のホームステイをしました。

とにかく1週間で得れるもの全て得て帰ろうと思っていました。しかし良い意味でそれは上手くいかず、それ以上のものを得ることができたと思っています。山岳民族の暮らし、文化、美味しいご飯やホストファミリーと過ごす時間まで、短い期間の中で多くのことを堪能できました。

1番の驚きは、山岳民族達のチーム感溢れる生活と、万屋のような村の大人たちでした。誰かが食や農業で必要な肥料を町などで手にして村の人たちに配り、親が不在なら子供を誰かが預かり、ご飯も作り、「一人で」など存在しない村の風習は生きてきた中で見たこともないものでした。また、ある日は保育、ある日は建築業、ある日は農業、1週間の中でいくつもの仕事をこなす村の大人たちは、まるで万屋のようでした。ホストファミリーの方曰く、1週間じゃ村の一部も知れてないらしく、そんなまさかと思いながらも、また新しい経験をしに訪れたいと思いました。

 

シップラン村にある幼児教育センター、太陽の家にて、空を見上げる女の子

 

 

iPhoneに興味津々の子供たち

 

プラオでの活動は、図書館でスタッフの方の手伝いをしたり、移動図書館について行ったりと、自分のペースでやりたいことをさせてくれました。プラオで過ごしながら、この図書館は町にとって必要とされてる存在なんだなと感じました。特に、本と学習の影響力の大きさについて、改めて気づかされました。町を出たことなくても、世界を知らなくても、本が教えてくれる。知識がなくたって、本が養ってくれる。スタッフのジウさんの読み聞かせが、タイ語が分からない僕にもメッセージを伝えてくれました。そんな環境が揃う図書館には、毎週本を求めて、新しい何かを求めてやってくる大人や子供たちがいます。当たり前に存在する物には感謝しなくなってしまいます。図書館にくる大人や子供たちが、そんな僕の固定概念を良い意味で壊してくれました。

 

スタッフのジウさんによる読み聞かせ テーマは食について

 

スタッフ、大人、子供関係なくみんなが笑顔で交流できる図書館

 

2ヶ月という短いボランティアの期間は、新しい何かを得るというよりも、大切な何かを気づかせてくれる貴重な時間でした。
スタッフの方々もみんな優しくて、面白くて、僕にとって図書館を安心できる場所にしてくれました。

プラオで生活したことは、今後の僕の糧になります。見たもの知ったもの、そのほとんどが僕の自信になり、次のアクションへと変えてくれると思います。
そんな機会を与えてくれた堀内さんをはじめ、スタッフの方々、町や村の大人、子供たち、全ての人に感謝します。

ありがとうございました。
またいつの日か、プラオで会いましょう!

 

岩井 元

土地の神様、お初にお目にかかります

今日、新しい図書館がある村の会議に参加したら、お寺のお坊さんが、
ここ2・3か月のうちに家の建て替えをする場合は、
「今月のうちに古い木材などを撤去、
来月のうちに建築を始めないと日が悪い」
とのお言葉。
あわてて家主のダムさんと現場へ直行。

「初めまして、土地の神様、
堀内佳美と申します。
こちらを改築して、地域の図書館を立てさせていただきます。
村の皆さんのお役に立てるよう最善を尽くしますので、
どうぞお守りください」

ダムさんに言われたとおり、声に出してご挨拶しました。
それからこの小野で扉の一部をばりばりっ。。。

こんなところでICU!?

2007年に国際基督教大学(ICU)を卒業した時は、まさか自分が卒業生紹介ビデオに登場するなんて思いもしませんでした。
大学のイメージアップどころか、受験生が「あ、やっぱやめとこっかな」とか思うようにならないかちょっと心配ではあるけど(本気です)、
広報課の佐藤さんに励ましていただき、この企画に参加してしまいました。
緑がいっぱいで、タヌキまで住んでいる大沢村のICU、今でも懐かしいし、
あそこでのキャンパスライフがなければ、いろんな意味で今の私はこんなにぶっ飛んでいないと思うので、
多少でもお役にたてれば、と思ったりして。
それにしても、あのどでかいキャンパスで、何度迷子になったことか。。。

佐藤さんと、なんとオーストラリアから来てくださった撮影チームのティムさん、ブラッドさんには、二日間本当にお世話になりました。
めっちゃくちゃ暑い中、木の枝にぶつかりながら後ろ歩きで撮影してくれたり、風や通り過ぎる車やバイクの音に何度もインタビューを取り直したり、
皆さんのお仕事の丁寧さ、職業意識の高さに、スパンブリー県のバイモン図書館のみんなは、尊敬しきりでした。
子供たちは、基本的にカメラ大好きなので、この時とばかり楽しんでました。

ビデオの完成、楽しみなのと恥ずかしいのとが半々です。あ、やっぱり恥ずかしい方が多いかも。
佐藤さん、皆さん、遠路はるばる来てくださって、本当にありがとうございました!

プラオのステーキハウスのランチとはいかに?!

先週土曜日の、ランマイ図書館3周年記念行事が大成功に終わったので、
図書館のみんなと、お疲れ様のランチに行くことに。
誰かが、「ほら、あの近くのとこでステーキは?」と言い出したときは、わたしびっくりしました。
ステーキなんてプラオで食べられると思ってもなかったから。

それで、行ってみたらほんとに近くでまたびっくり。
図書館から徒歩1分。ほんとに角を曲がってすぐでした。

注文してから30分ぐらいして出てきたのがこれ。
チャーさんとピンちゃん、ブンちゃんはドリーフィッシュ(だれも本物の魚を見たことがないっていうのがポイントね)のステーキ(フライですけど)、
わたしはポークステーキ、
みんなで食べるように、ツナサラダとポテト、「ハニートースト」も。

味ですか?
うーん。。。プラオのステーキって感じかな。
プラオに来たことがある方はわかると思います。
まだ来られたことがなくて、興味がある方は、この機会に是非!

ハニートーストの写真がないのは、みんなに、「プラオの恥になるから」って停められたからです(笑)。

でもね、めっちゃ安いんだよ。全部で500バーツちょい。1000バーツもあれば豪遊できますよ!!
次の打ち上げは、高校の近くに新しくできた、おいしいソムタムのお店にしよう、って全会一致で決まったんだけどね。

ポーランド人とイタリア人、日本人が晩御飯を食べながら話すこと

今日はちょっと早起きしました。
ここ三日ぐらいすごく涼しいプラオのさわやかな朝を楽しむ、というのはおまけで、
つい最近世界一周旅行を始めたばかりのアンナとアンドレアをお見送りするため、というのが本当のところ。

最近世界一周旅行をする人、日本でも増えているみたいだけど、
この二人の目的はちょっと変わってます。
自分探しとかじゃないんだよ。
いろんな国を廻って、それぞれの場所のチェンジメイカー(社会に変革をもたらす人たち)を掘り起こして記録するのが二人のミッションなんだそう。
先月、なんとタイから旅を始めて、最低でも3年間は旅を続けるそうです。すごいーーーー。

今日まで1週間ぐらいプラオに滞在して、私たちの活動にもたくさん参加してくれました。
個人的にも、どうしてイタリアだけあんなにパスタばっかり食べるのかとか、理想的な社会の形ってどんなのかとか、
二人と何から何まで話せたのが楽しかったです。
昨日は、交差点の近くの小さい食堂で、
なななんと、世界第二次大戦について話し合っちゃいました。
野菜炒めとかキノコのサラダとか食べながら、タイの片隅で、
ポーランド人とイタリア人、日本人が、それぞれの立場で、
自分たちが生まれる前の、でもものすごく何回も教科書で教えられて自分の記憶のように印象深い戦争について話し合う。
こういうのも、タイの田舎で草の根団体を運営する醍醐味なんだよね。

アークの活動についてもいっぱいインタビューしてくれて、
イタリア語とポーランド語、英語でウェブサイトに記事を書いてくれるそうなので、
今から楽しみ。
英語しか読めないけど(汗)。
さっき見たら、もうちょこっとブログに書いてくれてました。

 

この後二人は、ヒッチハイク(!)でラオスに渡り、
そこから、ベトナム、カンボジアと回るそうです。
二人だから大丈夫だとは思うけど、
くれぐれも健康と安全に気を付けてね。
また地球上のどこかで会えるのを楽しみにしてるよ。
チャオ!(アンナ、ごめん、ポーランド語はわかんないや。)

荷造り逃避

明日からバンコク経由で、バリに1週間ほど出張。
バンコクの友達とごはん食べたり、バリで視覚障害関連の同僚と久しぶりに再会するのも楽しみだし、
なんてったって噂で聞いてたバリにいけるのもラッキーだと思う。
この荷造りさえなければ。。。
2週間に1回ぐらいは長距離移動してるのに、
何回やっても好きになれません。
なんか余計いやになってる感じ(笑)。
スマホにパソコン、ICレコーダー、そういうものを充電するケーブルごちゃごちゃ、
いろんな国のお金、
用途に合わせた服に靴、
あ、アイロンかけなきゃ!とか、
あー、もうめんどくさい、ということでこれ書いてるわけです。
あーあ、小人さん、どこですか?
猫に手伝わせようと思ったら逃げられた。

素晴らしい贈り物

これ、ただの地図じゃありません。
触地図と言って、凹凸を指で確認することによって、私たち視覚障碍者にも使えるようになっているものなんです。
主な道路や建物の名前は、点字と墨字の両方で書かれています。るので、
普通の地図をそのまま使うと、情報量が多すぎて触りにくいので、余計なものは全部消して、大事なところだけ残してあります。
これを作ってくださったのは、新潟大学工学部福祉人間工学科の渡辺 哲也先生です。

チェンマイに住んでもう4年になりますが、今日届いたこの地図を見て、
今更ながらたくさん発見をして、喜んでいる私。。。
たとえば、市内の真ん中にある四角い旧市街から、駅やバス停、空港がこんなに離れているなんて気づきませんでした。
どおりでトゥクトゥクのおっちゃんたち、ぜんぜんまけてくれないはずだわ。。。

3部送っていただいたので、
今度チェンマイの盲学校におすそ分けしてきます。
触地図って、小さいときから読んでないと、なかなかわかりにくいもんなんですよね。

渡辺先生、本当にありがとうございます!

科学へジャンプ2015に行ってきました!

Jump to Science 2015 group photo

8月12日から15日まで、愛知県で行われた「科学へジャンプ2015」に参加してきました。
全国から18人の視覚障害を持つ中学生、高校生が一堂に会し、理数系のさまざまなワークショップに参加したり、とにかく一緒に楽しいことをする、という企画で、
私は、タイでしている仕事をシェアするということでお招きいただいたのですが、
実際は、みんなとゲームをしたり、肉まんを作ったりして、子供たち以上に遊んできちゃいました(笑)。
このキャンプを楽しいものにしようという大人の皆さんの並々ならぬ熱意に感激。
そして、一般の中学生や高校生以上に積極的で、堂々と発言したり意見を言ったりする生徒の皆さんにも感動。
立場を超えて、素晴らしい人にたくさん出会えたことに大感謝です。
タイでもこういうのやりたいなー。。。